2021.12.25 emoemoemoe at Spotify O-crest

ライブイベント「emoemoemoe」を見にSpotify O-crestへ行ってきたので現場で気づいたことをまとめておきたいと思います。

フェス形式ではないライブハウス(O-crest)の対バンイベントで10組も出演者が出るライブはかなり久しぶりに見た気がします。仕事柄、一度にたくさんのライブが見られる対バンイベントが好きなので新たな発見があることを期待しながら会場に向かいました。

仕事の都合でcrestについたときには既にイベントが始まっていて着いたのはちょうどLion net girlさんのライブが始まったところでした。そこから最後まで見てましたがcana÷bissさん、美味しい曖昧さん、さとりモンスターさん、メルクマールメルマールさんが初見だったはずです。

Lion net girl
4人体制になった時のお披露目イベントで進行役をさせていただいて以来のライブでしたがもう完全に4人組のユニットになっていました。「Thor」が好きな曲なので見られてよかった。

cana÷biss
セッティング中のサウンドトラブルが長引いてしまってちょっとかわいそうな感じになっちゃってました。新潟のグループとのことで、たまたまこの日やってきた寒気とぶつかってしまい帰りのことを考慮して終演後物販の予定が並行物販になってしまったようです。cana÷bissさんにとってはイレギュラーなことが重なったイベントになってしまいました。

美味しい曖昧
ジャジーなピアノっぽいアレンジが入った曲がとてもかっこよくまたライブを見たいと思った。この日一番の発見だった。

エレクトリックリボン
自分の好みも多少入っての印象ですがやっぱりエリボンはどの曲もレベルが高い。初見のお客さんも掴んでる様子があったので伸びしろ(人気しろ?)はまだまだたくさんあると思う。「steal me」は僕がエリボンを好きになり始めたころによくライブで見ていた曲なので久しぶりに聴いくことができて懐かしさとともに高まりました。

nuance(ヌュアンス)
前回のツアーファイナルでみおさんが脱退し、その最後に一曲だけ3人のステージを見ましたが一本まるっとライブを見るのは今回が初。

前述のcana÷bissさんのトラブルを受けてフジサキPが出番直前にセトリを変更したそうで、その結果最後の「雨粒」に到達するまで激曲ばかりのノンストップライブ。「タイマジ〜I know power〜ハーバーズムーン〜セツナ〜last a way〜ai-oi」って普段のライブでもあまり見ない気がします。

新体制でのライブもまだ馴染んでないであろう中で見せる3人の表情はピリッと引き締まった様子。たまたま前列二列目ぐらいでライブを見ていたせいもあったかもしれないですが、終始緊張感が漂うnuanceのライブはもしかしたら今しか見ることができないレアなタイミングなのかもしれません。

-1人分のステージを補うべくダンスの動きも大きくなり、ソロの歌割りも増えていて今までのnuanceとはちょっと違う迫力を感じました。

ライブが終わって泣いてるファンの人もいたような気がしましたが、それも納得のエモみに溢れたライブでした。

さとりモンスター
名前は知ってましたがライブは初見。いいなーと思ったので現場で名前を見たらまたライブも見ようと思いました。

メルクマールメルマール
顔面偏差値が高く衣装もキラキラしてたけど曲はめちゃめちゃ激しいロック。爆音なライブでした。

関連記事

TOP